いつか誰しも旅立つ いつか誰しも旅立つ
ホーム > メルシエルブ日記 > 雑記 > いつか誰しも旅立つ

いつか誰しも旅立つ

私が今まででこんなに可愛がった犬はいただろうか。
愛犬のダイスケが昨年の11月24日の夜、天国へ行きました。
ちょうど日曜日。
築港店が月・火曜とお休みだったこと。
そして私もちょうどレッスンがなかったこともあり、
その日を選んでくれたかのように、お葬式を11月26日火曜日に無事に終えることができました。
父・母と私と妹と揃って動物霊園でお見送りしました。
11月27日が愛犬ダイスケの誕生日。その前日にお葬式になるなんてね・・・
あと1日で12歳になるところでした。
可愛がり過ぎていたので、いなくなったらどうなるんだろう。
果して私たちは生きていけるのか。
特に父に、ダイスケは懐いていたので、もう家族以上に可愛がっていて、
父も泣いていました。今も、お線香を毎日3回もあげています。
キャンドルも灯し、元気に迷わすに空へと旅できるように・・・
社会人の頃、仕事が精神的に大変だった時、どれだけあの歯ぐきを見せて
思いっきり見せる笑顔に助けられたことか。。。
性格も温厚で絶対に怒らない子でした。
もうこんなにいい性格の犬に会えない、、、と母も実は犬の置物を見ては涙の日々。
築港店でも犬のキャンドルを置いていますが、それを見るたびに思い出すから。。。
もうそのキャンドル隠してておいて!!という日々だったのです。
でも私たちが泣いていてはダイスケも旅立てないよ。。。
まだ実家には5匹犬がいます。
今生きている犬達を命ある限り可愛がってあげよう!(もうお年寄りの犬ばかりですので。)
他にも昨年、叔母の飼っていた愛猫ちゃんとのお別れや
このブログでも登場した愛犬ダックスるかチャンとのお別れもあり、、、
命の儚さ。
生きることって。
胸が苦しくなりました。
動物でもこんなに苦しいのに、人間がなくなったらどうなるんだろう。。
そんなことも母と話をしながら、
いつか誰しも旅立つ。
だから生きている限り、誰かの役に立てるように頑張ろう!
そんなことも話ました。
私も、母もいったい何歳までの命か、神様しか知りませんが、
もしもまだ20年以上生きれるのなら、
20年頑張ろう。母が80代。私は還暦。
できるだけ多くの人々へ楽しんでもらえるようなこと。
そんなことに挑戦したい!
キャンドル作りの楽しさを通して、日々の疲れを癒してもらえたり、
そんなことのためにメルシエルブがある。そんな存在でありたい。
毎日、空を見上げると感じる。
見ていてね!ダイスケ!
ダイスケの歯ぐきの笑顔みたいにね、
人間の笑顔の花をいっぱい咲かせていくからね!
心からありがとう。
吹田アトリエと築港店。メルシエルブのハーブ・石けん・アロマキャンドルなどメルシエルブ日記★
カメラ目線もいつもしてくれたね^^
吹田アトリエと築港店。メルシエルブのハーブ・石けん・アロマキャンドルなどメルシエルブ日記★

大阪・天保山・築港の手作り石けん教室・
ハーブティー教室・
アロマキャンドル教室・
ハワイアンキャンドル(カービングキャンドル)教室
体験型キャンドルショップ・
ハワイアンキャンドルショップ
メルシエルブ

ページトップへ